土岐市陶磁器卸商業協同組合

(官公需適格組合23・11・01中部第6号)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美濃焼の歴史

古来、美濃は土岐源氏発祥の土地として、とくに鎌倉から室町時代にかけて中央との関係も深く、文化が栄えました。
四方を低い山で囲まれた中を流れる土岐川。美しい自然にあふれた市の郊外では、粘土を採掘する風景や古窯跡に出会うこともできます。

瀬戸の猿投山麓に発祥した陶業は、一説によれば、長男だけその窯を継いで、次男以下は他の土地へ移る掟があったといいます。
美陶への野心に燃える陶工たちが、陶土を求めて美濃方面に移動し、東濃の豪族、土岐氏・妻木氏の手厚い保護に支えられ、桃山時代の末、文禄、慶長のころ、志野・織部・黄瀬戸・瀬戸黒などの桃山時代独特のやきものが美濃に開花しました。





スポンサーサイト

美濃焼

土岐市は良質な陶土の天然資源に恵まれ古来より陶磁器生産が盛んです。
美濃焼きは伝統と技術革新により全国で圧倒的なシェアを誇り
全国一の陶磁器生産地として親しまれています。

陶磁器製和飲食器 [出荷額:合計57,286(百万円)] 順位 県 地域 出荷額(百万円) (シェア)
1 岐阜 美濃 22,834 39.9%
2 佐賀 唐津・有田 11,695 20.4%
3 長崎 波佐見・三川内 7,200 12.6%
4 愛知 瀬戸・常滑 4,223 7.4%
5 京都 京 2,198 3.8%
6 山口 萩 1,626 2.8%
7 三重 伊賀・萬古 1,102 1.9%
8 栃木 益子 1,035 1.8%
9 石川 九谷 874 1.5%
10 滋賀 信楽 766 1.3%
11 岡山 備前 618 1.1%
出所:平成16年工業統計調査




四季のやきもの

●春
春の日差しに咲く花を多彩に生かした器で食卓を穏やかな暖かさで包み込みます。

●夏
暑い夏に、落ち着いた色合いのビアジョッキで飲むビールは「通」の喉を唸らせます。

●秋
秋の淋しさを埋めてくれるような土の温かさを感じられる湯呑です。

●冬
温かみのある陶器の徳利で旨い酒をつければ、冬の寒さも消えていきます。





FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。